現代世界を形作った西洋文化と政策

コンテンツの評価

私たちの評価: 99.97% - 65

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価5.00(1投票)

ヨーロッパの文明は、大陸の西側から生まれた社会的伝統、道徳的価値観、伝統的信念体系、政治体系、社会階層化、芸術および技術の広大な遺産を指しています(Madsen 2014)。 西洋の文化的特徴には、人工物、哲学、法律、食事、一般的な生活様式、そして産業、そして衣類、ヘレニック語、ユダヤ人語、スラブ語、キリスト教、ラテン語などの宗教があります。 同様に、Madsen(4)によれば、古代の間、ヘレニズム哲学と科学革命の結果としての様々な生計手段における中年と合理主義が西洋化に貢献した。 移民の結果としてヨーロッパ文明を経験した国の大多数には、アメリカやオーストラリアなどの大陸の州が含まれています。

ヨーロッパ文化の伝統的な価値観は、政治学派の思考、自由思考の採用の増加、人権の擁護、男女平等、そして統治への民主的アプローチから生じています(Eyetsemitan 2002)。 過去数十年間、ヨーロッパ化は現代世界に大きな影響を与えてきました。 西洋文化の両面性。 ヨーロッパの原住民が自分たちのライフスタイルをコピーすること以外に持っていることを達成することを目的として、影響と利益は社会に影響を及ぼして、より文明化されたコミュニティへの変化を促進します。 しかし、西洋文化と西洋以外のグループとの相互作用は、現代社会へのアプローチに影響を与えます(Eyetsemitan 2002)。

初期のヨーロッパ化は古代ギリシャから始まり、続いてローマ帝国は古いギリシャ社会の原則、信念、そして価値観に基づいた新しい伝統を作り出しました(DeMichele 2014)。 ローマの先住民は西欧世界に影響を与えた新しいアプローチを思いつきました。 この点に関して、西洋化プロセスは文化的慣行と一般的な心の状態の変化をもたらした文化化戦略を含んでいました。 異なる民族グループのメンバー間の相互作用は、ライフスタイルの変化以外にも、文化的パターンの多様性と伝統的な信念をもたらしました。 その結果、外国人は西欧諸国の社会規範(Kalkhoven 2014)に似た社会規範を採用しました。

しかし、西洋の文明プロセスは、ヨーロッパの文化的アプローチの普及の程度とその広がりが地域社会によって異なる強度で起こるので、地域社会にまたがって独特のパターンを持っていません(Kalkhoven 2014)。 支配、破壊、抵抗、同化、および修正を含む民族間の相互作用の変化は、西洋化のさまざまなパターンの一因となっています。

16世紀の始まり以来、世界中の国々のほとんどは西洋文化(Madsen 2014)を取り入れていました。 現代世界におけるグローバリゼーションは、より西欧化された国々の機関から他の世界への情報の広がりを伴った。 この点で、技術の普及、法の支配、個人主義、経済成長、そして民主主義の概念が、西側諸社会の大部分を世界のトップにするようにした(Kalkhoven 2014)。 その結果、他の地域社会は西側の世界を都市化のモデルとして、また場合によっては彼らの伝統や信念に対する脅威と見なしていました。 Kalkhoven(2014)によれば、西洋文化を彼らの生活にうまく取り入れた国は以下のとおりです。


参照: 入学筆記サービス


トルコ - 地理的に、トルコの3パーセントはヨーロッパの領域にあります。 しかし、州はスイスと国の世俗主義のそれにわずかに似ている1905のフランスの法律に基づいている民法を持っています。 また、トルコは、経済成長のための自由な商取引を可能にするEUとの関税同盟を持っています。 さらに良いことに、この国はOECD、欧州評議会、北大西洋条約機構(NATO)を含む様々なヨーロッパの組織の公式メンバーです。 トルコ政府とEU加盟国の政府間軍事同盟は、トルコが攻撃の際にはいつでも援助を求めることができることを保証します。 同様に、国は共通のUEFAとユーロビジョンソングコンテストを含む他のヨーロッパの社会文化団体のメンバーです。

イスラエル - 西洋文化は中東の多くを形作ってきました。 オスマン帝国の統治以来、イギリス統治は君主制を特徴としていたので、イスラエルはユダヤ人の宗教を信じるヨーロッパの世界からの移民を多数持っています。 移民は主にアメリカ、カナダ、イギリス、そしてドイツのような国から来ました。 西洋化のプロセスの結果として、イスラエルはUEFAやユーロビジョンソングコンテストなどの社会文化的なヨーロッパの機関のメンバーです。 しかし、イスラエルは現代世界と先進国の共通の品種ですが、アラブ人とイスラエル人の間の紛争により、ヨーロッパの文化の多くを採用する可能性があります。

レバノン - レバノンはイスラム教徒が支配する地域にあるにもかかわらず、西欧諸国からの強い文化的および社会的影響を受けたおよそ40パーセントのクリスチャンの人口を持っています。 キリスト教教義の採用によるヨーロッパへの影響は国内で広まっており、現在、レバノンは東部と西部の文化のユニークな例です。 国家の伝統と進歩的な性質は、ベイルートを西洋文明の証として定義しています。

日本 - 国は技術と組織的な取り決めに対する西側のアプローチをそのシステムにうまく組み込んだ。 ヨーロッパ化という側面の結果として、日本には民主的な指導体制、開かれた市場の経済戦略、極めて高い水準の生計手段、そして科学技術への大きな貢献があります。 州の技術的進歩はそれを世界の自動車の主要生産国にしています。 また、日本の半西部の性格から、大半の国軍の作戦拠点がこの国にあるため、この地域は興味をそそるものになっています。

南アフリカ - イギリスとオランダの両方の文化の大規模な影響の結果として、SA共和国はアフリカの西洋化された国の一つです。 南アフリカの人口の約9パーセントはヨーロッパ人の原住民であり、混血の人々の数を構成しています。 彼らのアフリカーンス語の方言を維持しているアフリカ人の少量にもかかわらず、国の市民の大部分はネイティブのネイティブスピーカーです。 その結果、ほとんどの人々は技術的アプローチ、民主的統治、そしてその他の社会文化的活動を含む西洋の文化に従います。

世界のヨーロッパ化は、世界のほとんどの国々における現在のグローバリゼーションの一部です。 西洋文化は、民主主義を含む政府システムの採用と、国のさまざまな側面に関する方針を規定する憲法の使用をもたらしました。 また、音楽、ゲーム、スポーツ、衣服自動車、宗教などの西洋の技術や伝統が世界各地で採用されていることも、宇宙の近代化の特徴です。 しかし、西洋化のプロセスのために、文化的慣行、宗教、および言語、政府の形態、衣服、男女平等、そして分業に変化がありました。 その変化は、とりわけアメリカ、オーストラリア、カナダ、南アフリカ、アルゼンチンなどの国々でよく見られます。 同様に、これらの国々の居住地の形態は、先住民族の人口分布を非先住民族の建物で置き換えることによって大きく変化しました。 また、ヨーロッパ文化の採用により、英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、オランダ語、ドイツ語を公用語とする現代の大多数の国々では、方言が変わりました。

スペシャルオファー!
用途 クーポン: UREKA15 15.0%をオフにします。

すべての新規注文

書き込み、書き換え、編集

今すぐ注文する