組織における効果的な対人コミュニケーションの重要性

コンテンツの評価

私たちの評価: 100% - 64

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価0.00(0の投票)

対人関係は、「短い、辛抱するまでの期間に及ぶ可能性がある、2人以上の人の間の、文字列、深いまたは密接な関連または知人」として定義されます。 この対人関係は、推論、愛、連帯、通常のビジネス上の交流、またはある種の社会的コミットメントに基づいている可能性があります。」対人関係は、「人と人との関係に関連する」と述べています(コリンズ辞書)。 一方では、オックスフォードの辞書では「対人関係」とは「人と人との関係やコミュニケーションに関連する」と定義しています。一方、「関係」とは「2人以上の人や物をつなぐ方法」と定義します。接続されている状態」(オックスフォード辞書)。

上記の定義から、対人関係は、したがって、彼らの同盟の基礎を形成する共通の絆を共有する2人以上の人々の間の深く密接な関係です。 このように、職場での対人関係は、ある種のワークスペースを共有する人々の間の関係です。 しかし、彼らのリンクや関連付けは、彼らがしている仕事の性質によっては一時的なものに過ぎないかもしれません。 彼らの共通の関心はそれゆえ彼らが彼らの生計を稼ぐところから会社の進歩である。 したがって、組織の設定では、少なくとも2つのレベルの対人関係があります。 まず、同僚が関係しているのは、会社の発展も確実にすることで個人的に利益を得たいからです。 このような状況での対人関係の第2レベルは、労働者間の個人的なつながりです。 会社がそれらを一緒にしたので、労働者はまた親密でさえあるかもしれない彼ら自身の間の関係を開発します。

も参照してください: 最高の学術論文執筆サービス

どうしてそれが重要ですか?

職場で効果的な対人関係を維持することは、すべての企業にとって不可欠です。 組織が従業員間の対人関係を奨励し育成することを望む様々な正当な理由があります。 これらのいくつかは次のとおりです。

長時間労働

職場の従業員が親密さを必要とする最初の理由は、同じ場所でまたは互いの周りで一緒に過ごす時間の長さです。 ほとんどの組織では、労働時間を事業所または事業所での生産的活動に費やす時間として労働時間を定義する法律があります。 ウィキペディアによると、法律は「1日あたり、1週間あたり、または1年あたりの標準労働時間」を設定しています。 正社員の労働時間は1日約8時間です。 この時間をひとりで過ごすことは不可能です。 人間はとても敏感で、疲れてストレスを感じます。 これらの要因のために、彼らは仕事の間に休憩を取り、彼らに同僚と話すことを強いる必要があります。

意思決定

職場の主な目的は生産と問題解決です。 このためには、異なる従業員の幹部間のやり取りが発生しなければなりません。 Small Business Chronによると、組織の意思決定に従業員を参加させることが最も重要です。 職場での効果的なやり取りは、「信頼、さまざまな角度からの評価の問題は、良好な関係をもたらし、さまざまな種類の議論を提供します」を生み出します。従業員。 これらすべての問題を広めるために、公式および非公式の会議が従業員が意見を交換する職場で開催されます。 優れた対人関係により、職場での問題解決が簡単になり、作業が効率化されます。

より良い組織文化

組織文化はおそらく調和のとれた職場の交流を促進するための重要な役割です。 John McLaughlinによれば、組織文化は「人々が組織内でどのように行動するかを支配する共通の仮定、価値観、信念のシステム」です。 彼はさらに、この現象は「革新、細部へのこだわり、結果へのこだわり、そして人へのこだわり、チームワーク、積極性、安定性」を特徴としていると述べています。文化。 当然、会社の文化的目的を実行することが期待されるのは従業員です。 個人はそれぞれ異なるため、労働者の対人関係を効果的に活用することは、企業価値の達成にとって最も重要です。

動機とチームワーク

モチベーションは、従業員からベストを引き出すために不可欠です。 モチベーションは、従業員が困難や欠点を克服するのに役立ちます。 シェーンケリーは、モチベーションを「従業員が幸福のレベルにかかわらず、実行したいと思う欲求のレベル」と定義しています。 やる気がある従業員は、より生産的で、より積極的になり、自分の仕事に投資するようになります。 それは管理者が従業員がより生産的で効果的であることを奨励するプロセスです。

モチベーションは、生産レベルを上げ、割り当てられたプロジェクトを実行することへの熱意を高めるために従業員に与えられるある種の励ましです。 従業員が積極的に関わっていると、従業員全体に情熱が広がり、まとまりや一体感が生まれます。 このエンゲージメントはチームワークの拡大につながります。 したがって、職場での効果的な対人相互作用が、仕事の質だけでなく一般的な仕事の気分を高め、会社が設定された目標を上回るようにすることは正しいと言えるでしょう。 職場における効果的な対人関係の上記の定義、および企業がまとまりのある職場から得る可能性がある要因の評価から、組織がエキサイティングな従業員の職場環境から多くを達成するためにそれ自体が連動することは明らかです。

そのような会社は、積極的で楽しい従業員の交流を醸し出すだけでなく、より良い意思決定メカニズムの結果としてコストを削減する可能性もあります。 職場での倫理的な対人関係から生じるもう1つの重要なマイルストーンは、組織の中核的文化の達成です。 この文化は社内と社外の両方の環境でうまく機能するため、満足のいく顧客、信頼できるサプライヤー、やる気のある従業員のおかげで、会社は市場でより重要な足がかりを得ることになります。 職場における効果的な対人関係もまた、非生産的なスタッフ、不満を抱く顧客、および危険な職場によって引き起こされる無駄や損失の排除につながります。

会社は職場での効果的な対人関係から多くの恩恵を受けます。 したがって、労働者が互いに効果的に交わるよう奨励することが重要です。 職場の従業員間の積極的な交流は確かに生産性の向上につながります。

スペシャルオファー!
用途 クーポン: UREKA15 15.0%をオフにします。

すべての新規注文

書き込み、書き換え、編集

今すぐ注文する