花の作り方

コンテンツの評価

私たちの評価: 100% - 64

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価0.00(0の投票)

日本の生け花は生け花を意味する生け花として、あるいは花の道を指す花として知られています。 植物は部屋の中で色の飛び出しを引き立て、そしてまた活気づくスペースを作ります。 絵に描いたように美しい花束は、美しい周辺を演出します。 花を配置するときに配置する特定の方法はありません。 このように、出来事に合うように、花の結果のための非常に多くのユニークな技術があります。

自分の好きな一握りの生花を選ぶ必要があります。 バラ、チューリップ、カーネーション、シャクヤク、ヒマワリ、またはユリ、そしてあなたの花に環境感覚を加えるための緑にすることができます。 木の幹であるマルメロ、チェリー、ハナミズキを扱う場合は特に、花をたくさん選ぶ必要はありません。 木の茎を使うときは、花の枝の長さを引き立てるために、非対称的に高い太い長楕円形の花瓶が必要です。

バラ、アイリス、ママを整理するとき、人は魅力的なグループ分けを保証する低い立方体の花瓶を使う必要があります。 花の茎の下部の葉を取り除く必要があります、彼/彼女は茎の上部に葉を残して、色のポップを追加したり、フレームの色の単調さをさらに破る必要があります。 上の葉も花の鑑別に役立ちます。 茎を一緒に織り込んで、配置に芸術的な雰囲気を作り出す塚を形成することができます。

たくさんの花を使って密な構造を作るとき、枝は短く切られます、小枝を切るとき、それらがすべて同じ長さになることができるように注意してください。 高さの異なる花を避けるためには、測定テープを使用することをお勧めします。 組織の自然な結果を得るためには、個人は不完全な形を念頭に置いて花を置くように要求されます。 1つは芽を上げ、突き出すように頼まれる。 濃いスプレーは、コーヒーテーブルの上に置いたときによく見えるように見えます。 十字架の茎はまた花束を自然な展望にしている花を持ち上げる。

チューリップ、オランダカイウユリ、またはラナンキュラスは通常それらの柔らかい茎の生得的な曲線が配置される必要がないので円筒形の花瓶の下の方法の3分の1に置かれます。 チューリップを形作ったら、あなたの唯一の仕事は花瓶に花を置くことです、そして花の集まりは完了です。

あなたが花を摘んだ後、花の茎の下部を切り取るためにロッパーを使用してください。 枝の底を切ると、花が花瓶に入れられたときに長時間水を吸収するのに役立ちます。 花の生存率を上げます。 水を花瓶に入れてから花を入れます。水位より下にある葉は切り取る必要があります。 容器にいくらかの重さを加えるために、そしてまた透明な花瓶に審美的な価値を生み出すために、芽の花瓶にビー玉を加えるべきです。 砂岩はまた、繁栄を適切な位置に保持し、枝によって互いに対して不快な傾きを避けるのを容易にします。 彼らがあなたがしたことを推測している他の人々に住んでいるので、不透明な花瓶は通常好まれます。 他の人々はあなたがうまくいったかもしれないどんなトリックも見ることができません。


参照: 学術論文執筆サービス


あなたの芽の整理を自然な一見を与えるためにあなたがすることすべては常に花の先端にあるべきです。 混ざり合った花輪を作ることを目的とするとき、人はバランスのとれた束を作るために最高の隆起を持っている花を配置することから始めるべきです。

ピン留め
スペシャルオファー!
用途 クーポン: UREKA15 15.0%をオフにします。

すべての新規注文

書き込み、書き換え、編集

今すぐ注文する