enarZH-CNfrdeiwjanofaptruessv
ナノテクノロジーとは

コンテンツの評価

私たちの評価: 100% - 64

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価0.00(0の投票)

ナノテクノロジーは、個々の原子や分子を操作するために、100ナノメートル未満の寸法と公差を扱う技術の一分野です。 ナノサイエンスおよびナノテクノロジーは、生物学、化学、材料科学、物理学、バイオテクノロジー、および工学などの科学関連分野に応用されています。 ナノテクノロジーは環境と技術の最も小さい要素を研究します。 それは一般的に応用科学を扱います。

物理学者のリチャード・ファインマンが、12月29日にカリフォルニア工科大学で開催された1959年に、余裕のあるトピックについて話したとき、ナノテクノロジーの概念が生まれました。 しかし、ナノテクノロジーという用語は、科学者が個々の分子や原子に影響を与え管理することができるようになる手順をRichard Feynmanが述べた後の10年以上後に谷口則夫教授によって造られました。

ナノテクノロジーとナノサイエンスは、食物、衣服、建物、水、人間と動物の自律性、そして木からなる太陽の下にあるすべてのものを分析するという適性を必要とします。

個人がナノテクノロジーがどれほど小さいか、どれほど大きいかを測定することはほとんど不可能です。 原子は非常に小さいと考えられています。 1ナノメートルは10億分の1メートルであり、1インチには約2500万から40万ナノメートルがあります。 新聞紙の厚さはちょうど10万ナノメートルです。 一方、大理石がナノメートルであると考えられるならば、比較スケールで1メートルは地球のサイズです。 ナノテクノロジーは、肉眼では見ることができないものを研究することであり、それらを見分けるためには私たちのビジョンの助けが必要です。 走査型トンネル顕微鏡(STM)および原子間力顕微鏡(AFM)などのツールは、ナノテクノロジーの研究をはるかに容易にする原子および分子を識別するのを助けるために発明された。

金や銀などのアイテムは、それらを非常に貴重なものにする小さな要素で構成されているので、ナノスケール材料は、ナノテクノロジーやナノサイエンスという用語が実現されるずっと前から存在していました。 不要な素材が貴重な石を構成する要素と結合している場合、それらの価値は低下します。 人は慎重にそして芸術的に原子を組み合わせて、人が利益を得ることができる商品をもたらす貴重な要素を作ることができます。 金と銀の材料の組成は、ステンドグラスの窓や中世の教会の扉に過去数年間の色の生成をもたらしました。

現在の技術者や科学者たちは、ナノスケールで秤量した物質を意識的に作るための幅広い選択肢を考え出しています。彼らは、より高い強度、軽量化、制御能力といった改善された要素を利用するためです。光のスペクトル、および物質が他の成分と比較して他の化学物質と反応する程度。 ナノテクノロジーは、科学者やエンジニアがコンポーネントをそれらが分解できる最小の粒子に分解することを可能にし、それぞれの専門職がコンポーネントを研究し、それらが科学的に再生されることができる方法を見つけることができます。 非常に多くの個人が商品を再生することによって収入を得ることができるようにします。


参照: 学術研究論文執筆サービス


ノーベル化学賞受賞者であるリチャード・スモーリー氏は、テクノロジーが人々の健康、富、そして生活に与える影響は、少なくともマイクロエレクトロニクス、医用画像処理、コンピュータ工学、人工ポリマーの複合的な影響と同等であると語った。 6月に1999で、彼がナノテクノロジーの恩恵に関する米国の住宅委員会に対処したので、今世紀に発展しました。 ナノテクノロジーは、日々の活動を改善し、人生をずっと楽にするのに役立つものの発明を助けました。

ピン留め
スペシャルオファー!
用途 クーポン: UREKA15 15.0%をオフにします。

すべての新規注文

書き込み、書き換え、編集

今すぐ注文する