コンテンツの評価

私たちの評価: 100% - 65

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価0.00(0の投票)

リベラルアーツのカレッジはSTEMの学生に良いカリキュラムや経験を提供していないという誤解があります。 コンピュータサイエンスの学位を含む。 STEMは科学、技術、および数学の略で、人々は科学分野に興味がある学生のためにリベラルアーツの学校が競争力のある教育を提供することを期待していません。 この見解は誤っているだけでなく、小学校で科学を勉強したことのある学生は大学院に入学し続け、さらには博士号を取得しています。 したがって、教育は良いだけでなく、素晴らしい学生を生み出します。

小さな大学で科学を勉強する学生はそれが勉強する場所としてより有益であるとわかりました。 これは、動的キャンパスが異なるために行われました。 クラスから始めることは小さいです。 クラスに20から30までの生徒がいる場合、それはよりインタラクティブになるようにバインドされています。 学生はクラスに参加することができ、教授は学生を識別することができます。 自分の長所と短所を書き留めて、生徒に可能性を最大限に発揮させます。 研究大学では積極的な教授陣と学生の参加がありますが、200人か400人の学生のうち1人か2人を見つけるのはもっと難しいことがあります。

また、学生はもっと早く実験したり研究したりすることができます。 リベラルアーツカレッジの学生は、最初の1年後に夏のインターンシップを受けます。 この間、彼らは研究活動にさらされます。 授業では、夏のインターンシップに参加しているかどうか分からない、または参加していない生徒を見つけます。 これは研究作業に入るハードワークにつながります。 それは単純な質疑応答の状況ではありませんが、それはしばしば試行錯誤の過酷な作業を必要とします。 これにより、学生は最終年度に自分のプロジェクトに取り組む準備ができます。 大学院教育の間に、彼らはさらに洗練された研究活動を思いつくことができるでしょう。


参照: 入学筆記サービス


教室の外に参加することは、練習を通して生徒に彼らの長所と短所を示します。 授業でうまく機能するかもしれない人は、研究活動ではうまく行かず、逆もまた同様です。 改善の余地があり、それによってより優秀な学生が生まれます。 リベラルアーツ大学の教授はまた、教授能力に基づいて評価されるため、科目や生徒の成績をより重視する傾向があります。 彼らの研究結果に基づいて支持されるかもしれないが、より少ない教育経験を持っているかもしれない研究大学の教員と比較して。

学習がリベラルアーツカレッジで行われているように、人文科学は学生たちをこすり落とします。 どっちがいい。 これは、科学者がコミュニケーション能力が低いと社会的に扱いにくいという評判を得ているためです。 誰もがソフトスキルを習得することが不可欠です。 頭の良さにもかかわらず、職場でのエチケットと、人々や状況について深く考える能力があること(数学だけでなく)は、非常に有益です。 人数が少ないので、キャンパスに参加するほうが簡単です。 この機能を使用する大学院生や博士課程の学生の数が少ないため、研究室での研究時間が長くなります。

リベラルアーツカレッジの学生も、最初から設計と建設の実験に関して教師と共同作業する機会を得ます。 これにより、あなたは自分が本当に得意なことと今後どのようにあなたの教育を進めるべきかに集中し、知ることができます。 リベラルアーツカレッジでの機会は数多くあり、多様です。 1500-2500の学生の入学率が低いので、学生が積極的に改善し、より良い学習のための方法を模索している場合、機会は均等に分配されます。 リベラルアーツカレッジはあなたの科学教育で成長するのに適した場所です。

スペシャルオファー!
用途 クーポン: UREKA15 15.0%をオフにします。

すべての新規注文

書き込み、書き換え、編集

今すぐ注文する