enarZH-CNfrdeiwjanofaptruessv

コンテンツの評価

私たちの評価: 100% - 64

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価5.00(1投票)

タバコは有害物質です。 アルコールと同じですが、どちらも合法です。 製造業者はこれらの製品を製造する一方で、ユーザーにそれらを使用する危険性を十分に認識させます。 また、画像を使用して、喫煙や飲酒からユーザーを思いとどまらせる一方で、自分がさらされるリスクについても概説しています。 ただし、これはほとんどの国で規制であるため、ほとんどの場合要件を超えて行われ、誤った情報を宣伝することも違法です。

タバコ使用のリスク

これは、彼らが薬を使い続けるならば、彼らが彼ら自身を慢性疾患の高い危険にさらしているとユーザーに知らせるためにされます。 これらの薬のほとんどは、さまざまな形態の癌などの疾患を引き起こすことが多くありますが、喫煙の場合は特に肺癌です。 それ以上に、それはまた、喫煙中毒者になるという全体的な結果を伴ういくつかの呼吸器疾患にもつながります。 タバコは中毒性の物質ですが、他の中毒性の薬物や物質とは異なり、法的に規制されています。

長い歴史を吸い、何百年も遡る。 私たちの先祖はそれをしました、そして世界のいくつかの地域でそれは文化の一部と考えられていたので、男性と女性の両方が喫煙することを受け入れました。 これは特にヨーロッパとアメリカ大陸の一部に当てはまります。 いくつかの部分では、それは男性、特に年配の男性によってのみされる練習と考えられました。 女性は喫煙儀式に参加することは許されなかった。 喫煙習慣は様々な背景とその背後にある歴史によって異なります。

それが広く受け入れられた生き方であったので、規範を逆転させることは困難であり、公の抗議に会いました。 その代わりに、政府はたばこ(あるいは一般にたばこ)などの商品や、それが時に社会に与える悪影響を減らすためにアルコールに高い税金を課しています。 それを完全に禁止すれば、たばこ会社の栽培、製造工場の設立、そしてこれらの大企業が海外で事業を営むために支払う税金を通じて、外国投資を効果的に減らすことができます。 それはいくつかの国々の経済への貧しい呼びかけでしょう、そしてこれはそれらが禁止されない理由の一つです。 もう一つの理由は、政治家が国の醸造所やタバコ工場でしばしばステークスや政府を所有しているという事実に関係しています。 彼らの市民の悪い習慣から利益を上げる。 したがって、タバコやタバコの使用を禁止することは、自社のサプライチェーン手順に参加しているため、本質的に自傷行為となります。

も参照してください: 最高の学術論文執筆サービス

闇市場

さらに、禁止は機能しません。 特にタバコやアルコールなどの大量に消費される物質に関しては。 それが中東のようにふけるのが禁止されている地域でさえ、それらの宗教的な所属にもかかわらずこれらの商品の密輸はまだあります。 タバコやアルコールの摂取を禁止することで、政府は間接的に暴力団やカルテルに権力を与えたり、さらにはテロリストによる大規模市場へのアクセスを悪化させたりします。 高い収量と高い需要があります。 言い換えれば、社会を通して彼らの経済を支配する方法を彼らに与えることです。

ハード選択肢

悪と虚栄心のバランスをとるのは難しい仕事ですが、この場合は規制が最善の選択肢です。 税金で規制することで、購入コストが高いためにタバコを使用する人の数が減り、その結果、タバコの喫煙に関連する病気のケースが少なくなります。 残念ながら、恵まれない地域社会では、喫煙がより一般的です。 食欲を抑制することが知られており、より多くの貧しい人々が自分のニーズを抑制し、悪徳や薬物乱用に取り組むことによって問題を忘れようとしています。 しかし、喫煙をやめることは難しい仕事です。 やめようと決心した喫煙者は、困難な禁断症状に直面し、しばしば不安定な外観を呈します。 「やさしく」喫煙をやめるためのプロセスを支援しようとしている会社がいくつかありますが、それは他の何よりも心の問題です。 喫煙をやめるという決意が、彼らを続け、誘惑にならなくなるまで彼らの「冷たい七面鳥」のルーチンを維持するのを助けます。

ピン留め
スペシャルオファー!
用途 クーポン: UREKA15 15.0%をオフにします。

すべての新規注文

書き込み、書き換え、編集

今すぐ注文する