コンテンツの評価

私たちの評価: 100% - 64

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価5.00(1投票)

ASAは、学生が自分のエッセイやその他の学術論文を参照したり引用したりするのを支援するために、American Sociological Associationによる学術参照スタイルです。 それは社会学を学ぶ学生に適した参照スタイルです。 社会学を専攻する、または社会学の修士号を取得する人は、ASA社の編集ガイドに多くの人が依存しています。

ASAはAmerican Psychological Style(APA)スタイルと密接に関係しています。 一般的な形式は、括弧内の参照で参照を引用することです。 すべての参考文献は、MLAスタイルの "works cites"ではなく、タイトルの "References"で、論文の最後にあるセクションに表示されなければなりません。 MLAとは異なり、ASAの括弧内の参照には発行年が含まれます。 Author-Dateの本文引用は、ASAの機能に関する広く認識されているシステムです。 それはあなたが参考文献セクションに持ち越す日付を強調します。ここで日付は著者名の後に続く最初の情報です。

ほとんどのリファレンス管理ソフトウェアプログラムはASAスタイルをサポートしており、フォーマットは簡単な作業です。 Endnote、Zotero、Procite、RefWorksなどのプログラムで使用できます。

ASAリファレンスガイドの目的

多くの大学は社会学論文を書くためにASAスタイルを広く受け入れています。 それは著者が彼らの学術的な仕事と原稿をASAジャーナルまたは他の出版物のために準備するのを助けるように設計されています。

  • 内容、詳細情報、または参照学術資料を整理して提示するための適切な方法についての理解をもたらします。 ASAはあなたの社会学の学術的な執筆の様々なセクションのためにスタイルの力学についてあなたを案内します。
  • 脚注と参考文献の句読点と配置を指定します。 米国の主要な社会学者の学術団体であるAmerican Sociology Associationは、「ASAスタイルガイド」と呼ばれる出版物に規格を定義しています。 他との比較
学術スタイル

テキストの書式設定と余白

Times New Romanのような読みやすい形式の12-ポイントで紙のすべてのテキストを書きなさい。 脚注やコースのインストラクターによる指定に従っても、コンテンツを2倍にすることができます。 余白のすべての辺は少なくとも1¼インチ、またはコースインストラクターの指示に従ってください。

タイトルページ

ASAのタイトルページは別にする必要があります。 それはあなたがあなたの原稿のフルタイトル、あなたの名前、そして機関を書くセクションです。 複数の機関がある場合は、名前を縦に並べてください。 また、脚注と参考文献を含めて、文書の単語数を示します。

ASAスタイルには、あなたの仕事、助成金、追加のクレジットまたは謝辞に関する連絡を受けている人である対応する著者のアドレスを含むタイトル脚注があります。 この脚注は通常、社会学の授業では必要ありません。 それを含めるかどうかあなたの教員に相談することが不可欠です。

抽象

講師が要約を必要とする場合は、別のページに入力してください。 それはすぐにあなたのタイトルページに続くべきです。

  • 見出しは文書のタイトルになります
  • 要約を150-200単語の単一段落に限定してください。
  • 作者の名前を含めないでください

キーワード

抄録のあるASAの論文にはキーワードが必要です。 原稿の主なテーマを識別するのに役立つ3〜5語をリストしてください。

最初のページ

タイトルと要約ページの後の新しいページのタイトルでテキストの最初のページを始めます。 それはあなたの論文の体の始まりです。 小見出しの下で本文のポイントを整理することによって読みやすさを高めます。 通常3つの異なる見出しレベルで十分です。

ファーストレベルヘッド

  • 頭をキャップに入れて、左寄せにします。
  • 太字を使用しない
  • インスタンスの紹介に向けて、原稿を作成しないでください。

セカンドレベルヘッド

  • イタリック体で第2レベルの頭を書き、左寄せにする
  • フォントを太字にしないでください
  • タイトルケースを使用

サードレベルヘッド

  • イタリック体で第3レベルの頭を書き、左寄せにする
  • 太字を使用しない
  • 最初の単語だけを大文字にする

脚注と文末脚注

アクセシビリティが制限されている資料を引用したり、本文を拡大したり、表に表示した情報を追加したりするときは、脚注と文末脚注を使用します。

ASAの学術論文は、脚注よりも文末脚注を頻繁に使用します。 ただし、両方とも控えめに使用してください。

  • 可能であれば、一般的な規則は、テキストを混ぜずにそのうちの1つだけを使用することです。 他の人が社会学ジャーナルの原稿として使用することが予想される場合は、例外として、表、タイトルページ、および脚注の残りの部分に脚注を使用します。
  • 脚注や文末脚注には、上付きのアラビア数字を使って紙の上に連続して番号を付けます。
  • メモを使用する場合は、参照している資料と一緒にメモをページの下部に配置します。
  • 文末脚注を使用する場合は、参照の後に別のセクションの論文の最後に置きます。 文末脚注を番号順に入力し、別のセクションとしてダブルスペースで入力します。 タイトルメモや文末脚注を書きます。
  • すべてのメモは、テキスト内の同じ上付き数字で始める必要があります。

ページ番号の付け方

あなたのページに連続して番号を付けなさい - 1、2、3… - タイトルページから始めて。 参照ページを含めるか、コース講師の指示に従ってください。

表と図

各図や表は、論文の最後にある別のページに配置してください。 テキストを参照しなくても意味を理解するために読者に十分な説明を付けて説明的なタイトルを使用してください。

  • テーブルに連続した番号を付けます。テーブル1、テーブル2、またはテーブル3。
  • 連続した数字の数字:図1、図2。
  • テーブルの場合は、各列と行に完全な見出しを付けます。 可能な限り略語は避けてください。 例えば、見出しの中の単語のパーセントフルワードを綴ります。

参照ページのフォーマット

参照は、見出しの "REFERENCES"のセクションのテキストの後に続きます。 先ほど確認したこの最初のレベルの見出し形式を使用してください。

  • すべての参照をダブルスペースして、ぶら下げインデントを使用します。
  • 前置詞、through、of、およびa、an、theなどの冠詞を除く、すべての単語を大文字にしたすべてのタイトルにタイトルケースを使用します。 orやandなどの接続詞は、小文字でなければなりません。
  • 形容詞や固有名詞が後に続かない限り、最初の単語をハイフンで囲まれた複合語でのみ大文字にします(たとえば、 "反アメリカ"では大文字で、 "自己保存"では大文字で書かないでください)。
  • 最初の著者の姓にアルファベット順にすべての参照を配置します。
  • イニシャルではなくすべての作者のファーストネームを含めてください。 著者が出版物で同じ名前を使用している場合は、名前とミドルネームのイニシャルを使用することができます。
  • すべての作者をリストしてください。 ASAは他の使用を受け入れません。 委員会によって執筆された作品を除いて、参照セクションにあります。
  • 繰り返しの著者や編集者のためのすべてのあなたの参照にフルネームを含めてください。 この変更はASAスタイルの第3版で起こりました
ガイド。 年代順に最も古いものから始めて、同じ作者によるすべての参照を配置します。

同じ著者のための参照の例

ロナルド、L。ウィリアム。 1996 社会学の執筆スタイル。 ワシントン、ASAプレス

ロナルド、L。ウィリアム。 1999 社会学アカデミックライティング ワシントン:ASA Press。

ロナルド、L。ウィリアム。 2000 「社会学ライティングスタイルの再検討」社会学研究者60:100-120

一人の著者による予約:著者の姓、名。 出版年です。 タイトル。 市、州Abb./発行者の国:発行元。

2人以上の著者による予約:著者の姓、名、および著者の名字(コンマなし)。 発行年です。 タイトル。 市、州Abb./発行者の国名:発行元。

次の場合は、出版社の都道府県の省略形を含めません。

  • 市の場所は有名です
  • 出版社名にカリフォルニア大学出版局などの都市が含まれる場合

電子ブック: 著者の姓、名 出版年。タイトル。 市、州Abb./Publisher's Country。 発行元:取得した月日、年(URL)。

電子書籍の章 著者の姓、名 発行年です。 「章/記事のタイトル」。 タイトルにページ番号を含めて、Write First Initialで編集します。 ミドルネームのイニシャル。 苗字。 市、州略語/出版社の国:出版社。

マルチボリューム作品: 著者の姓、名 発行年です。 シリーズのタイトル。 ボリューム番号、ボリュームタイトル。 市、州Abb./発行者の国名:発行元。

利用可能なジャーナル記事:

印刷: 著者の姓、名。 出版年です。 雑誌名巻数(号):ページ番号を含める。

オンライン: 著者の姓、名 発行年です。 雑誌名の巻号(号):入手可能な場合はページ番号を含める。 取得した月日、年(URL)。

DOIを含めることができます。 URLの代わりにページ番号の後に使用可能な場合は番号。

印刷とオンライン: 作者の最後、まず。 発行年です。 「タイトル」ジャーナル巻の名前#(issue#):利用可能な場合はページ番号を含める

雑誌の記事

印刷: 著者の姓、名。Pubの年。 「タイトル」雑誌の名前、月の年、ページ番号を含むpp。

オンライン: 著者の姓、名 出版年、タイトル。雑誌名、月日。 取得した月日、年(URL)

印刷とオンライン: 著者の姓、名 発行年です。 「タイトル」雑誌名、日月日、pp。ページ番号を含める。

マルチページまたはインターネット全体のWebサイト 企業著者名または名字、著者の名。 発行日 「タイトル」。取得した月日、年(URL)。

オンラインで発行されたレポート: 著者の姓、名 発行日 レポートのタイトル スポンサー組織(もしあれば)。 スポンサー組織の所在地:出版社。 取得した月日、年(URL)。

新聞記事(印刷): 著者の姓、名。 発行年です。 「記事のタイトル」、新聞のタイトル、月の日、pp。15-18。

新聞記事オンライン: 著者の姓、名 年または発行年 「タイトル」新聞のタイトル、発行月の日。

オンラインで出版された記事はページ番号を必要としません。

ソーシャルメディアの情報源

参照ページではなく、参照した本文に脚注を付けてソーシャルメディアソースを参照します。 脚注にはページのタイトルとURLを含める必要があります。

あなたのコースインストラクターはあなたがどのように参照するかについて確信がないというあらゆる情報源のための優れた情報源です。

学術論文を書く上で助けが必要ですか?

スペシャルオファー!
用途 クーポン: UREKA15 15.0%をオフにします。

すべての新規注文

書き込み、書き換え、編集

今すぐ注文する